あのゆるキャラはどこから見ているのか?調査(その1)

どっから見てるの?
どっから見てるの?

 

 

 

 

子供の頃から背後のチャックとか、

吊ってるヒモとかが気になってしょうがない子でした。

 

 

 去る6月2日(日)、愛知県のモリコロパークで「キャラクターフェスティバルinモリコロパークVol.2~着ぐるみ・コスプレ大集合~」というイベントが行われました。

これまではこういう「ゆるキャライベント」というものに行ったことがなかった私。

しかし、今回はある疑問に自ら答えるために参加することにしたのです。

その疑問とはもちろん・・・

 

あ、スミマセン。

今回は良い子のみなさんと「中の人などいない!!」という方は読み飛ばしてやって下さい。

 

 

 

よろしいですか?

では!さっそくその疑問の調査結果を報告したいと思います。

 

 

 

ゆるキャラの楽園

やって来ましたモリコロパーク
やって来ましたモリコロパーク

 

 今回で二回目となるモリコロパークでのゆるキャライベント。

50体以上のキャラクターたちが一堂に会し、同じ会場内で同時にコスプレイベントや屋台、その他いろいろなイベントが行われているという、想像しただけで若者と家族連れでヤンヤヤンヤなイベントです。

 そこに30半ばのオバサンが一人で乗り込むのです。人並みの客観性は有るつもりなので、会場に到着するまでの間、妙に胃と心がモヤモヤしました。

 

 

 

 

すでに盛り上がってる!
すでに盛り上がってる!

 

 

 

いざ到着してみると!

紹介されたり
紹介されたり
戦ったり
戦ったり
仲良くなったり
仲良くなったり
ぼっちだったり
ぼっちだったり

 なんとまあ!

ゆるキャラの楽園ではありませんか!!素敵!!

 

私はさっそく何体かのゆるキャラに近づいて観察してみました。

もちろんアレを確かめるためです。

しかし・・・やっぱり分からない。最近のはホントよく出来てるわ。

いや、感心している場合ではありません。

 

私は意を決してある一体のゆるキャラに近づき写真を撮らせてもらった上、

直接聞いてみたのです。

 

 

「スミマセン。どこから見てるんですか?」

 

 

すると、すかさず係の男性が

 

「・・・どこからって、もちろんここですよ!」

 

そいういってゆるキャラのデザイン上の「目」を指さしました。

 

 

「・・・ですよね」

 

(しつこく追求したらつまみ出される。)

そう判断した私は仕方なく自分の目で一体一体を観察し、

どこから見ているのか調査することにしました。

 

すると・・・

 

シートンくん
シートンくん

 例えば名古屋港シートレインランドのキャラクター、シートンくん。

最初どこから見てるのか全然分からなかったのですが、

よく観察してみると、パッと見は黒い不透明プラスチックに見える目の部分が 、

実は透明アクリル板になっているようなのです。

 

 

今回調査では、ほとんどのゆるキャラがこの「目が黒アクリル」か、

「目や口が細かいメッシュ」になっており、パッと見は本当に分からない、

間違っても中の人と目があう、なんて事故は起こらないクオリティでした。

私の子供の頃とは比較にならないほどの素材革命が起きていたのです! 

 

 

いきなりですが、この「目や口がメッシュやアクリル」パターンを

「スタンダードパターン」と名付けさせて頂きます。

 

 

 

 

次メージでいよいよ各ゆるキャラが「どこから見ているのか」発表です。

 

 

 

→あのゆるキャラはどこから見ているのか?調査(その2)