「あまちゃん」の影響で水族館にてアイドル考(その2)

 

 

いかんいかん!

今日は「あまちゃん」は忘れよう!イワシでも見て忘れよう!!

イワシの群れ
イワシの群れ

という訳で、イワシの水槽にやって来ました。

「イワシ」というと、地味~なイメージですが、ここのイワシの水槽は常に人だかりができている程の人気。

 

 

とにかく綺麗
とにかく綺麗

サメが来たー!

とにかく面白い
とにかく面白い

あっち行ったー!

ずっと見ていられる
ずっと見ていられる

安息。

イワシって何考えてんだろ
イワシって何考えてんだろ

またサメが来たー!キャー!!

個性的な同居人その1
個性的な同居人1

 

 

 

 

同じ水槽にはかなり個性派の面々もいるのですが、ここではイワシが主人公。

 

個性的な同居人その2
個性的な同居人その2

 

 

 

 

 

みんなイワシの群れの動きに歓声をあげています。他の水族館ではありえない事態です。

ジャンケンだったら何回戦やるんだ
ジャンケンだったら何回戦やるんだ

こんなイワシのような小魚でも、水族館のスターです。

たとえ個性が弱くても集団になればキラキラと輝き、一糸乱れぬ動きで観客を魅了する、なんて書くと、魚のことなんだか昨今のアイドルのことなんだか分からなくなりますね。

 

 

 

・・・・アイドル!?

 

 

 

 

頭から離れないあのメロディーを振り切るようにクラゲコーナーに到着。

 

クラゲ綺麗だな~。ふわふわの衣装来て踊ってるみたい。

この人数ってことは、クラゲは実は単体では個性が弱い方なのかしら?

 

 

 

・・・は!

 

次行きます!!

 

 

 

うってかわってカラフル
うってかわってカラフル

 

 

 

 

一方、カクレクマノミは一匹でも華がありますから、このくらいが適正人数でしょうね。

ブレブレグソクムシ
ブレブレグソクムシ

 

 

写真が酷くて本当に申し訳ないのですが、最近話題のダイオウグソクムシさんは更に少ない2人組。

かなりの個性派として水族館側から期待されているということではないでしょうか。

そいういえば、最近2人組のアイドルって見ませんね?

知らんがな・・・
知らんがな・・・
圧巻の金魚水槽
圧巻の金魚水槽

特別展として金魚展をやっていました。

新しい品種や、上から鑑賞する金魚と横から鑑賞する金魚、まだ金魚らしさがない稚魚などの展示のほか、実際にすくってみるコーナーなど、充実の内容でした。

 

でもやっぱり注目を集めていたのはこの大水槽。

金魚って一匹一匹かなり個性的だと思うのですが、こうしてかなりの数がいるのも面白いですね。

 

 

 

モチャモチャ
モチャモチャ

 

 

 

 

 

と、思ったけどやっぱり多すぎる!

多すぎるよ!!!

そうそう、この感じ
そうそう、この感じ

 

 

 

 

やっぱりこれくらいがホッとします。

4人で力を合わせて奈落から這い上がってきて欲しいものです。(このノリ、まだ続いてます)

最後に

名前がわからない・・・
名前が分からない・・・

 

 

 

 

という訳で、今回の「あまちゃん」のあのメロディーを振り払おうとしてむしろノイローゼに編。いかがだったでしょうか?

最後に金魚展を出たところにいたBMタイプのゆるキャラの写真でお別れです。

いいね!ユルイね!!